制作風景

整然と並んでる姿は美しい。(木取り)

ここから花蓮華スタートです。


墨を引いた材料を、卓上のバンドソーでカット。 緩やかなRを描くべく、ベルトサンダーで表面を滑らかに。撫でるとスベスベで気持ちいいです。



掬う部分を製作したのちに、スプーンの裏側と側面をカット。






あとはひたすら磨いていきます。 制作する度、思い描いている姿に近づいている、その積み重ねが出来ていることがとても嬉しい。 最後は塗装→研磨→塗装→研磨→塗装。

お客さまのもとへ、いってらっしゃい。